Marketing

STP分析のターゲティングで利用する効果の高いペルソナ設定のコツ

マーケティングワークフレームの基礎。実在性の高いペルソナの設定することで販売戦略だけではなく、商品設計やセールスコピーがペルソナに刺さる内容に変化させられます。

What you will learn

  • 人間が行動しない、変化を嫌う理由がわかるようになる
  • 人間が行動してしまう原理がわかるようになる
  • マーケティングに活用できるペルソナ設定ができるようになる
  • 商品設計や、広告コピーに必要なキーワードがわかるようになる

Description

マーケッターには必須のスキル。

ペルソナの設定があります。


商品やサービスの企画、立案、販売、広告といった一連の販売活動には

ペルソナの設定が不可欠となっています。


STP分析は、アメリカの経営学者でありマーケティング論の権威である

フィリップ・コトラーが提唱しているマーケティング戦略のフレームワークの一つ。


このSTP分析の中のT、Targeting(ターゲティング)に着目した内容になります。


例えば、同じ距離にコンビニが2店舗あったとします。

あなたはどちらを選びますか?


この答えを知るためには、ターゲティング、ペルソナの設定が必要になります。


なんとなく、作った。作る理由も必要性も理解している。

ただ、効果があるのかが悩ましい。


といった方には受講頂きたい内容です。



このコースの対象受講者:

  • ワークフレームのSTP分析をちゃんと行いたい人
  • より人間臭い実在性の高いペルソナの設定をしたい人
  • マーケティングに活用したいと思っている人
 - STP分析のターゲティングで利用する効果の高いペルソナ設定のコツ
  • Udemy teacher
  • 日本語
  • 3
  • 666
  • 2022-04-22